アパレルや物流物流加工で削減【クレーム知らずの物流くん】

様々な効果

アパレルメーカーの物流拠点の動き

日本のアパレルメーカーでは、従来は自社で物流拠点を多く持つところはなかったです。しかし、近年ではアパレル専門店が全国的に増えてきたことで、アパレルメーカーの中では大型の物流拠点を多く構えるところが出てきています。アパレルメーカーの中では、中国などの新興国で製品を作って日本に輸入をしてから全国へ配送をする必要が生じていることが原因として挙げられます。また、大型の物流拠点を持つことで、効率的に配送をすることが可能となり、物流コストを下げることができる利点もあります。物流コストが下がった分、製品の価格を下げることができるためにアパレル専門店は競争力が他の業態よりも高くなる状況があります。さらに大都市圏では物流拠点を今まで以上に大型化することで、もう一段上の効率化を図る動きが出ています。

今後のメーカーの新たな試み

アパレルメーカーの中では、今後ネット通販で商品を購入する割合が増えていく予想をしているところがあります。スマートフォンの普及によって、店舗で製品を見てネットから注目をするといったケースが出てくることが想定されています。また、アパレルメーカーのサイトを充実して、簡単に商品が購入できる体制を整えているところが出ています。都心の湾岸地域に大型の物流拠点を新たに取得して、物流倉庫からお客さんの元へ直接配送されるような仕組みを作ろうと試みています。新しい物流倉庫では、新しく入ってきた新商品などの情報がすぐにサイトにアップされるようにします。そうしたアパレルメーカーの新たな試みが成功をすれば、大きな収益源となることが期待されています。

Copyright© 2015 アパレルや物流物流加工で削減【クレーム知らずの物流くん】 All Rights Reserved.